新宿の賃貸事務所1坪単価

新宿の賃貸事務所1坪単価

東京といえばたくさんの高層ビルが建ち並び、面積に対しての人の数がとても多いですよね。

毎年のように地方から上京してくる人がたくさんいるほど魅力的で、若者が夢を持てる場所です。

東京という地で夢を叶えたいと胸に秘めているのは若者だけではなく、東京の中でも新宿エリアに賃貸事務所を借りて新事業をスタートさせたいと夢を描いている起業家も多いです。

そんな新宿エリアの賃貸事務所の毎月支払う賃貸料を元に1坪あたりの単価を調べてみると、小型ビルと呼ばれる20~40坪ほどのところだと1万4千円前後、中型ビルと呼ばれる40坪~100坪ほどのところだと1万5千円前後、大型ビルと呼ばれる100~200坪のところだと1万8千円前後、最後に大規模ビルと呼ばれるところだと2万円前後でした。

新宿エリアではこの1坪あたりの価格が比較的安いから賃貸事務所を借りるのに人気があるのでしょうか。

そこで、東京主要5区である地区の1坪あたりの平均を調べてみたのですが、他の地区とそれほど大きく差があるわけではありませんでした。

優良物件がたくさんある地区

日本の中心と呼ばれる東京ですが、その中でも東京主要5区に含まれる新宿区には、日本一大きな駅があるため都内の移動や神奈川などに移動するにもアクセスに非常に便利です。

また、オフィス街であるため賃貸事務所の数がとても多いのですが、新宿駅からビルまで直結しているところも多く、働く人にとっては雨が降っても雪が降っても関係なく傘いらずで行き来できてしまうというメリットがあります。

新宿エリアにある賃貸事務所の物件には20坪の小型ビル~200坪を超える大規模ビルまでの優良物件が建ち並んでいるため、様々な業種や規模の企業でも多くの候補から選ぶ事ができます。

ですので、企業に合った賃貸物件は必ずどこかに存在しますから、妥協せずに数多くの物件を見て回ることをオススメします。

私が特にオススメしているエリアは交通の便が良い新宿三丁目あたりなのですが、東西南北どこにでも移動ができるのに1坪10000円からの物件も存在しているので、少ない予算でも交通の便に優れているオフィスを借りる事が可能です。

新宿の賃貸事務所の空室率

賃貸住宅に限らず、賃貸事務所などの建物のオーナーにとって一番困るのは空室状態が続くという事ではないでしょうか。

入居者及び企業がいれば毎月賃料としての収入があるのに、空室だとそれがゼロになるわけですから、できるだけ空室の期間を作りたくないのが本音です。

東京の新宿区には大小関係なく、たくさんのオフィスビルが建ち並んでいますが空室率はどのようになっているのでしょうか。

約10年ほど前までは賃貸事務所の空室率は2パーセントと非常に低く、どこの賃貸事務所も空室に悩んでいるというオーナーは少なかったようですが、その後徐々に空室率は上がっていきました。

近年、大規模ビルに関しては景気回復の兆しが見え始め、5年ぶりに空室率が6パーセント台になりました。

空室率が高くなっていった影響としては、新宿区の賃貸事務所を借りる際の企業の負担が大きかった事が理由の一つにありましたが、その負担を軽くする対策がとられた事によって空室率が下がってきたようです。

賃貸事務所が多くある新宿

関西地方に住んでいる私でさえ、東京の新宿エリアにはオフィスが多く建ち並んでいる事を知っています。

また、全く東京の地理を理解していない人が行くとすぐに迷ってしまうほどの高層ビルが駅を囲んでいますよね。

私は10年ほど前に新宿区に友人と行った事があるのですが、標識に従って行動していたにも関わらず初めて来た人にとっては全てのビルが同じビルに見えてしまい観光中に迷子になってしまった事がありました。

私が訪れた10年ほど前から日本最大級と言われるほどのビルの多さでしたが、大規模な賃貸事務所や小型の賃貸事務所に関わらず様々ところでビルの再開発計画が今もなお進行しているのだそうです。

それほどビルを建ててもたくさんの企業で埋まってしまうのが東京の凄いところですよね。

新宿の賃貸事務所の相場

ビルの空室率も上がりぎみでしたが、最近はアベノミクスの影響もあってか空室率は下がってきています。

ビルや人口の増加と共に新宿区はさらに進化し続けていくのでしょうね。